サービス

アメックスカードのポイント移行とマイル交換に関する注意点は?ハワイ旅行に必要なマイルも公開!

アメックスのポイント移行とマイル交換のコツ

ここでは、アメックスのポイント移行とマイル交換で、損をしないために知っておいて欲しいポイントをお話していきますね。アメックスには、ポイントの換算レートをあげる「メンバーシップ・リワードプラス」のプログラムが準備されています。

これを知らないと単純に還元率で0.5%も損をするので、アメックスでポイントを貯めて使いたい、マイル移行をしたい人は知っておくべき情報です。

ポイント移行でマイルへの換算レートをあげるコツ

アメックスカードのポイントプログラムのことを、「メンバーシップ・リワード」といいます。アメックスカードで貯めたポイントをマイルに交換するには、この「メンバーシップ・リワード」を使います。

でも、これだけではなくて、「メンバーシップ・リワードプラス」という別のサービスがあるのです。

「メンバーシップ・リワードプラス」の特長を知ってタイミングよく参加するのが、アメックスのポイントをお得に交換するコツです。

還元率0.5の差は大きいです。マイルもたくさん貯まるので、1マイルも損したくない人は必見なので、ここから詳しく説明していきます。

アメックスでマイル移行をするなら「メンバーシップ・リワードプラス」はぜひ参加して欲しいプログラムです。

アメックスグリーン

  • 年会費12,000円+消費税でゴールド並のステータス
  • 国内・海外旅行で利用できる特典が魅力
  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計15,000ポイント*獲得可能

キャンペーン詳細特集記事はこちら

メンバーシップ・リワードプラス

「メンバーシップ・リワードプラス」は、ポイントの有効期限が無期限になって、プログラムへの換算レートもアップするアメックス独自のサービスです。

自動付帯のサービスではなくて、自分で申し込んで適用されるタイプのサービスです。参加するのに、登録費が3,000円(税別)かかって、2年目以降自動更新になります。

「有料ならいらないな~」とスルーしてしまう人も多いようですが、貯まったポイントをまとめてマイルに移行する時には「メンバーシップ・リワードプラス」への参加をおすすめします。なぜなら、マイルへの換算レートが大きく違うのです。

ANAと、提携航空会社のマイルへ移行でレートが違うのですが、ここでは話を分かりやすくするために、ANAにマイルを移行する場合を例にして説明します。

ANAにマイルを移行する場合
比較項目 メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワードプラス
移行レート 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
還元率 0.5% 1%

※ANAにマイルを移行するには別途費用がかかります(後述)

上の表を確認しながら、少し説明すると、「メンバーシップ・リワード」のまま、ANAにマイルを移行すると、2,000ポイント=1,000マイルです。

ところが、「メンバーシップ・リワードプラス」に参加してマイルを移行する1,000ポイント=1,000マイルです。還元率にして0.5%の違い です。

コツコツ貯めたポイントをまとめてマイルに変えるなら、0.5%の還元率の違いは大きいので、メンバーシップ・リワードプラスに参加してからポイントをマイル移行することを検討しましょう!

メンバーシップ・リワードプラスの3,000円を毎年払いたくないなら?

「ポイントをマイルに交換しない年まで、3,000円は払いなくないなぁ」そんな人もいるかもしれませんね。

メンバーシップ・リワードプラスはいつでも解約できる ので「毎年3,000円を払いたくないな~」という人は、ポイントをマイルに交換したい年に参加して、翌年に更新される前に解約すれば、余計な費用を払わずにお得にポイントをマイルに移行できます。

メンバーシップ・リワードプラスの参加費の3,000円を頻繁に払いたくないなら、マイルの移行上限ポイントになるまで貯めてからまとめて移行するのがおすすめです。

航空会社によっては、1年間に移行できるマイルの上限ポイントがあります。
メンバーシップ・リワードのままだと、入会日から1年間以内に貯めたポイントは3年後に消滅してしまうので注意して下さい。

そうならないためには、3年以内に何でもいいのでポイント交換をするようにしましょう。一度でもポイントを交換するとポイントの有効期限が無期限になります。

アメックスグリーン

  • 年会費12,000円+消費税でゴールド並のステータス
  • 国内・海外旅行で利用できる特典が魅力
  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計15,000ポイント*獲得可能

キャンペーン詳細特集記事はこちら

アメックスゴールド

  • 年会費29,000円+消費税でも納得の高品質なサービス
  • 国内外29空港の空港ラウンジが会員+同伴1名無料
  • 【入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計30,000ポイント*獲得可能】

キャンペーン詳細特集記事はこちら

マイル交換で知っておきたい注意点

さて、ここからは先ほど説明した「メンバーシップ・リワードプラス」に仮に参加しているとして、ポイントのマイル交換について説明していきますね。
現在、アメックスのポイントをマイルに交換できるのは、提携航空パートナーの15社になります。

提携航空会社一覧

  • ANA 「ANAマイレージクラブ」
  • チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム 」
  • デルタ航空 「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
  • タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
  • シンガポール航空 「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ「エグゼクティブクラブ」
  • スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
  • アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  • フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」

予備知識になりますが、2017年に「メンバーシップ・リワードプラス」に一部サービス改訂が入って、海外提携航空パートナーへのマイル移行レートが変更になりました。

過去の換算レートが記憶にある方は注意して下さいね。現状のマイル交換レートをご確認下さい。

マイルの交換レート

マイル移行先 換算レート 還元率
ANAへのマイル移行 1000pt=1000マイル 1%
海外の提携航空会社(14社) 1250pt=1000マイル 0.8%

アメックスのマイル交換の換算レートが変更になったのは、海外の提携航空会社の14社すべてです。

以前は、ANAと同じレートだったので、「メンバーシップ・リワードプラス」のサービス改訂の全体を見るとメリットはもちろんあるのですが、海外の提携航空会社でマイル交換をしていた人にはちょっと残念な一面もあります。

でも、換算レートが下がったとはいえ、海外の提携航空会社を選んでも0.8%の換算レートです。アメックスのポイントを交換するならマイルがお得 な事には変わりありません!!

ここから先は、どの航空会社にどうやってマイルを移行するのがお得か、アメックスマニアの独自目線でご紹介していきます。

どこの航空会社のマイルに換るのがお得?

アメックスマニア的には、今ならANAブリティッシュ・エアウェイズ を押します。

ただし、ANAは、マイルの交換で年間5,000円(税別)が必要です。それから、マイルの移行上限は、年間80,000マイル(1月から12月)というのが注意点です。(計画的に移行しましょう!!)

「えー、メンバーシップ・リワードプラスで3,000円払って、また、5,000円払うのかあ」と思う人もいると思います。

しかしそれでもANA 「ANAマイレージクラブ」は使い勝手がいいですよ!数年までは、個人的にデルタスカイマイルも好きだったのですが、今は、ANA派になりました(笑)

マイルの交換はANAマイレージがおすすめ

ANAのマイルは、オーソドックスに、国内線と国際線の特典航空券に変えて使うのもいいですし、アップグレードにも使えます。(ここまではありきたりですね。。)
ですが、ANAのマイルなら、ANA SKYコインに変えられます。

ANA SKYコインは、私が最近一番注目しているマイルの使い方です。SKYコインは、航空券や旅行代金の支払いに使えるんです。

特典航空券は空き枠がないと取れません。家族旅行とかだと、1旅行の全員分を特典航空券で準備するのは大変だったりしますよね。席もまとめてとれるとは限らないですし。

でも、ANA SKYコインに交換して、航空券を買ったり、旅行商品を買えば、家族旅行に使いやすいのです。

しかも、10,000マイル以上まとめて交換する場合、交換率は最大1.7倍になる上に、SKY コインで購入した航空券でさらにマイルが貯まるという最高の好循環です!


引用元: https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/skycoin/#miles

ちなみに、SKY コインは、nanacoポイントからも貯められるので他社ポイントからも交換して合算できるのです。


引用元: https://www.ana.co.jp/amc/promo/skycoin/

アメックスのポイントをANAマイルに交換→ANAマイルをANA SKYコインに交換

マイルには期限があって、万が一使い切らないと消えますのでね。ANAの場合は、3年有効とは言え、使い勝手がいい方法は覚えておいて損はないですよ。

マイルの交換はブリティッシュ・エアウェイズがおすすめ

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)をおすすめする理由は、ずばり、JALマイルよりお得にJALの国内線に乗れるからです。

移動区間が650マイル以内なら、本家のJALマイルより、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルを使ったほうがはるかにお得です。

ざっくりとですが、東京羽田を起点にすると、北は札幌、南は鹿児島まで650マイル以内。JALだと往復15000マイル必要なところが、BAだと9000マイルです。

まだ、この方法があまり認知されてないのかわかりませんが、JAL国内線特典航空券も取りやすいですし、当日発券も可能なので、国内を出張で飛び回ってる方には特におすすめできます。

しかも、ブリティッシュ・エアウェイズなら、マイルの交換で手数料がかかりません!!

マイルの貯め方と使い方

ここまで読んで「マイルのポイント移行やマイルの交換レートについてわかったけど、具体的なマイルの貯め方、使い方について知りたいなあ」と思う人もいるかと思います。

そこで、次はマイルが貯まりやすいアメックスカードや、その使い方に焦点をあてて解説していきます!

マイルが貯まりやすい!おすすめアメックスカード

アメックスはプロパーカード、提携カードを含めてなんと30種類近くもあり、その中から、マイルが貯まりやすいカードだけ調べるのは大変ですよね。

しかし、ご安心ください。

管理人がマイルの貯まりやすいアメックスカードを2種類厳選しました!カード選びの参考にしてみてください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

一つ目はANAアメリカン・エクスプレス・カード

ANAグループでカードを利用する場合は還元率1.5倍と高く、マイルがとても貯まりやすいカードといえます。

また、年会費は7,000円+税と他のANAカードに比べて高額ですが、ポイント移行コースに入会することで、ポイントの有効期限がなんと無期限になるのです。

「ええ、年会費高いなあ」と思う方もいるかもしれませんが、実は、ポイントの有効期限が無期限になるカードの中では最も年会費が低いカードとなっています!

まさに「あまり飛行機とか乗らないなあ」「コツコツじっくりポイントを貯めていきたいなあ」といった陸マイラーの方にはぴったりです。

ちなみに今なら入会キャンペーンでハワイ往復航空券相当のマイルも獲得できます!この機会を見逃して後悔だけはしないでくださいね。

ANAアメックスカード

  • 入会でもれなく1,000マイル!毎年の継続毎に1,000マイルもらえる
  • ANAグループでのカードご利用はポイント1.5倍!
  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計35,000マイル*相当獲得可能

キャンペーン詳細

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

二つ目はデルタ スカイマイル アメリカン・エクスプレス・カード。

このカードの最大の魅力はデルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」が入会初年度は自動で付与されると言う点です。

「シルバーメダリオン」を所有している場合、航空券1米ドルあたり5マイル付与されるのが、なんと1米ドルあたり7マイルになります。

また、初回のフライトで最大25,000マイルがプレゼントされたり、マイルの有効期限が無期限であったりと、マイルに関して嬉しい点が盛り沢山です!

特にマイルの有効期限が無期限であれば、期限に急かされることなくコツコツと貯めることができ、旅行計画もゆっくり練ることができますよね。

さらにカードの利用でも100円につき1マイルたまるので、海外旅行によく行くかつ、日常のお支払いもカードで支払うといった方には特におすすめのカードです!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  • 初年度は「シルバーメダリオン」が自動で付与される!
  • 初回のフライトで最大25,000ボーナスマイルがプレゼント!
  • デルタスカイマイルは有効期限無期限!

ハワイの旅行に必要なマイルはどれぐらい?

マイルを貯めて旅行に行きたい場所の一つがハワイですよね!

そこで先ほどお話しした「メンバーシップ・リワードプラス」に加入かつ、アメックスのポイントはおすすめのANAマイルに交換するという前提で、ハワイ旅行に行くのに必要なマイルを計算してみます。

まず、日本→ハワイのホノルル行きの特典航空券を交換するのに必要なマイルは以下の通りです。

マイル シーズン
35,000マイル ローシーズン
40,000マイル レギュラーシーズン
43,000マイル ハイシーズン

※エコノミークラス

アメックスのポイントは1,000ポイントでANAマイル1,000マイルと交換できるので、ハワイ旅行に行くためには、最低でも35,000ポイント必要となります。

「35,000ポイントって結構多いな…」と感じるかもしれませんが、前述したようなマイルの貯まりやすいカードを作って、コツコツ貯めれば意外とすんなり貯まると思いますよ!

まとめ

アメックスのポイント移行でマイルに交換するなら、年間3,000円(税別)かかっても、「メンバーシップ・リワード・プラス」への参加を検討しましょう。ポイントの還元率が、0.5%あがります。

そしてアメックスマニアおすすめのマイルの交換先はANA

「アメックスのポイントをANAマイルに交換 → ANAマイルをANA SKY コインに交換」という方法に注目してみて下さい。

また、アメックスの入会をご検討中の方はこちらもカードもぜひ検討してみてください。

アメックスグリーン

  • 年会費12,000円+消費税でゴールド並のステータス
  • 国内・海外旅行で利用できる特典が魅力
  • 入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計15,000ポイント*獲得可能

キャンペーン詳細特集記事はこちら

アメックスゴールド

  • 年会費29,000円+消費税でも納得の高品質なサービス
  • 国内外29空港の空港ラウンジが会員+同伴1名無料
  • 【入会後3ヶ月以内のカードご利用で合計30,000ポイント*獲得可能】

キャンペーン詳細特集記事はこちら